読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

試験やトラブルなんてぶっとばせ!

日常で起こったトラブル(主にシステム関係)や資格試験の勉強方法、感動したことをつづっていこうと思います。自己満足です。

カウントダウン

卒業式まであと40日とか。

学年末まではそのプラス5日とか。

 

ついにここまできたかー!

という思いと、

もうそんなに過ぎちゃったの?!

という思いが入り混じっています。

月並みですが、自分が学生だった時よりも、そういった思いが強いです。

 

進路関係も徐々に落ち着いてきていて、そうなると残りの学校生活をいかに過ごすか?が重要になってきます。

 

日々を大切にしていけたらなあ、と思います。

 

 

…もっと上手いこと書こうと思ったんだけど、この程度しか出てこないや。

 

とにかく残りの少ない時間をやりきります!

採用前実践的指導力養成講座

1年前だなんて信じられない。

 

あのころはいかにして会社を休んで、講座に参加しようか…ととても考えていたころだなあ、

 

としみじみ思ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

前職の会社から、源泉徴収票をいただくために久々に電話をした。

 

かける前はちょっと緊張したけれど、

 

懐かしい声がしたら、一気に当時に戻った。

 

なんだかもう数十年ぶりなんじゃないかと思うくらい懐かしかった。

 

 

 

 

 

数十年ぶりと感じたのは、今の生活が充実しているからなんだよなあ、と思うと、

 

本当にこの道を選んで良かったと思っています。

 

 

 

 

 

さてさて、養成講座ですが、

ブログを読んでいる方が行かれるのならば、ぜひ一緒のグループの人と仲良くなってくださいね。

彼らは皆さんの同期になります。

狭い業界ですから、配属されてからもすぐ会いますよ。

同じ学校に配属になる可能性もあります。

 

 

1年目の先生は、毎月研修を水道橋で行なっています。

養成講座で仲良くなっておくと、すでに知り合いが研修にいるので、その研修が大分やりやすいです。

また、夏の宿泊研修も同様です。

 

 

 

 

ただ、養成講座で行く学校に配属になるわけではありません。

当時、同じくのグループの人と、

この学校に配属なのかなあ?

なんて話したりもしましたが、私のグループは誰もその学校に入りませんでした。

 

 

以上、参考になればと思います。

産休代替

本日教員採用試験の自治体もあるようですね。

Twitter等のSNS更新はやめましょうね。

 

うちの学校に産休代替で入っている、すごく出来る先生がいます。

初めから尊敬していて、こんな先生になりたいなーと思える人です。

そんな先生が産休代替だと知ったのはつい最近のことでした。

 

本人が一番大変なのはわかってますが、自分より何倍も仕事ができる人が、正規になれていないのを見るのはこちらもつらい。

どうしてこの人が正規になれなくて、私が正規になれたの?って思ってしまいます。

 

試験ダメそうみたいなことを言ってて、

こうすればいいんだよ、

ああすればいいんだよ、

って言いたいけど、なかなかね。

 

受かってほしいと思われている人に受かってほしいなと思いました。

 

ぐだぐだでも目標に向かって、楽しく生きよう!