試験やトラブルなんてぶっとばせ!

日常で起こったトラブル(主にシステム関係)や資格試験の勉強方法、感動したことをつづっていこうと思います。自己満足です。

東京都の教育時事的な面接で聞かれそうなこと

よく見てみたら、合格発表の8/7以降のアクセスがすごいことに…!

それだけ皆さん情報収集しているということでしょうね。

 

かつてはPCでブログを書いていたんですが、最近はずっとスマホなので、体裁整えられていなくてすみません。

読みづらいところも多くありますが、よろしくお願いいたします。

 

さて、個人面接などで聞かれそうなことです。

いじめとか、非行とかはもちろんですので、その辺は割愛しました。

あくまでヒントとして、自分なりに考えていただければ!

現場で結構言われていることです。

 

 

・学校は一つのチームである

相談ができない若手教員が増えています。

仮にクラス担任を1人でやっても、授業を1人できない受け持っても、困ったことや悩んだこと、おかしいな、と思ったことは主任の先生や管理職の先生に相談しましょう。普段から相談しやすい人間関係を構築しましょう。

 

同僚とも同じことです。気が合わない人も世の中にはいますが、仲良く、言わなきゃいけないことは伝えていきましょう。

集団討論は、同じグループの人と、同じ学校で働く同僚という設定になるかと思いますので、お忘れなく。

 

 

・大きな災害がもし起こってしまったら?

地震津波、豪雨などいろいろありますね。

もちろん児童生徒の安全確保が最優先です!

また同僚の先生方や地域の方、保護者の方とも連携して、子どもたちを守っていきましょう。

そのためには普段から地域交流をしたり、地域の方に学校の活動のご理解を得ることが必要です。

私たちは公務員ですから、児童生徒はもちろん、都民国民のために何ができるか普段から考えて行動しなければなりません。

 

また、災害後に精神的に不安定になる子どもや保護者の方もいらっしゃるので、ケアできるといいです。

 

 

・ict教育の推進

もう絶対ですよこれ。

小学校や特別支援学校だとタブレット型端末やPCのパワーポイントなどを上手く活用して視覚補助しろ的なことをいっぱい言われていると思います。

高校でも、就業、進学準備ということでPCを使いこなせるように、とかプログラミングの教育とか言われてるようです。

そこであなたは何ができるのでしょうか。

今すぐにできなくても、何を勉強して、どう実現しますか。

 

 

 

・オリンピックパラリンピック教育

これこそ絶対。

あと3年は聞かれますね。

東京オリンピックパラリンピックに向けて何をするか、どういう指導をするか。

例えば来年度高校に配属されたりしたら、自分の授業に、東京オリンピックパラリンピックに出場するアスリートがいるかもしれないんです。

それくらい身近な話だってことを覚えておいてください。

 

選手ではないにしても、ボランティア等で児童生徒が活躍するかもしれません。

海外の人で東京がいっぱいになったときに、どういったことが予想されるでしょうか。

外国の方に親切にする、外国語を習得して案内する…当然です。

東京都としてはポジティブなイベントではありますが、反面ネガティヴな犯罪等も起こり得ます。巻き込まれないような教育も必要でしょう。

 

あとはパラリンピックもありますので、インクルーシブ教育もチェックしておきましょう。

パラリンピックには基本的に知的障がいの方は出場しませんが、特別支援学校は知的障がいの学校がほとんどです。

小中学校には特別支援学級がありますし、特別支援学校高等部と交流する普通校もあります。

普通校でも、特に定時制高校には知的障がいの手帳(愛の手帳という)、精神障がいの手帳をもっている人もいます。

 

 

走り書き?ですが、どうぞ考えてみてください!

一次試験合格発表と単元指導計画

平成30年度の東京都教員採用試験の一次試験合格発表が8/7にあったようです。

合格発表、年々早くなっているんですかね。私の時はお盆でした。うらやましい。

 

合格発表をまだ確認していない方、速やかに確認しましょう。過去の私みたいになっちゃうよ…!(過去ブログ参照

http://www.kyoinsenko-metro-tokyo.jp/saiyo_info

 

残念ながら不合格だった方、がっかりしてる場合ではありません。産休代替や講師の登録が待っていますので、行動を急ぎましょう。また他の自治体の受験も控えているかもしれませんので、切り替えてがんばりましょう。

大学生の方の場合は大学に速やかに報告し、次の指示を仰ぎましょう。よく就職課は使えない!みたいに言う学生さんがいますが、ちょこちょこ顔を出していたり、真剣に就職活動している人に対して適当な対応はするはずはないです。原因は自分にはないか、考えてみましょう。大学4年の今からでも遅くないはず。

 

 

 

合格された方、本番はこれからです。

人間力と情報収集力が試されます。

 

さて、前回に引き続き二次試験対策です。今回は単元指導計画です。

 

ずばりですが、

 

 

 

 

現職の先生の「学習指導案」を見せてもらいましょう。インターネット上にもころがっています。

 

現職の先生の学習指導案は、基本的に○月○日○曜日○時間目…と、1回の授業(本時、と言う)用に書きます。

学習指導案の全体の内容は、単元全体を記載した後に、本時の内容を書きます。

 

二次試験の単元指導計画とは、まさにこれのことです。本時の記載がなくなるだけです。

 

例えば国語ならば、

 

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

単元名「物語を読もう」

 

題材名「涙色の決意(物語の名前です)」

 

単元の指導目標

(1)登場人物の心情の変化を文章から読み取ることができる。

(2)物語の要点を押さえ、要約できる。

(3)想像を膨らませ、物語の続きを考えて、発表することができる。

 

全7時間

1時間目 物語の全体を音読し、ふりがなと段落を確認する。

2〜3時間目 1、2段落目を読み、登場人物の性格を読み取る。

4〜5時間目 3、4段落目を読み、登場人物の心情の変化を読み取る。

6時間目 5段落目を読み、全体を振り返り、要約する。

7時間目 物語の続きを想像して書き、発表する。

 ◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

 

と言った風に。

色々省略していますし、こんな物語ないし(笑)、目標も適当ですが、こういうことです。

教育実習行ったことがある人がほとんどだと思うので、指導案を引っ張り出してくればいいと思います。

 

 

 

上記以外の単元指導計画のポイントをお伝えします。

 

①単元の評価規準

※基準じゃないので、絶対間違えないこと!

・語尾は

関心意欲態度…〜しようとしている

その他…〜している、(場合によっては)〜できる

 

・目標に正対している評価規準になっているか。

例えば体育(サッカー)で、

単元の指導目標には

「ボールを強く蹴って遠くに飛ばすことができるようになる」

と書いてあるのに、それを評価する文言がなかったらおかしいですよね?

評価規準の技能の欄には「ボールを捉え、遠くに飛ばすことができる」などと記載しましょう。

 

指導目標と評価規準は密接しているものにします。

もちろん単元の計画にもボールを蹴る練習を組み込む必要があります。

 

 

②単元観

ここは学習指導要領を見て、その目標や段階を記載しましょう。そして、どうしてこの単元をこのタイミングでやるのかを記載します。

ここはあまり膨らませないことをお勧めします。理由は後ほど。

 

 

③児童観、または生徒観

まず対象の学校が、生徒なのか、児童なのかをはっきりさせます。小学校なら児童観と記載しましょう。

授業を受ける生徒が何人いるとか、クラスはどこかとか、男女比はどうか、どんな児童生徒が在籍しているかというところです。

あまり奇をてらわない方がいいです。学力別編成したり、少人数編成したりせず、1クラス30〜35人とかが無難でしょう。もし特別支援学校の国数理社なら1クラス5〜8人とかが無難です。

 

単元指導計画には記載できる量に限界があるので、あまり詳しくは書けないと思いますが、二次試験の個人面接で、詳細に想定している児童生徒に関して聞かれることがあります。

特別支援学校は障害の度合いの想定もちろん、小学校でもADHD等の疑いのある生徒が在籍しているかどうかなど、特に詳細につめておきたいところです。

 

④教材観

もちろん想定している授業で使用するものがあればそれをどういう風に使うかを書けばいいんですが。

ウケが良いのはずばりICT機器の活用。

これ一本でもいいかと。

東京都が超絶推進しています。

今時の人はスマホ等使いこなせているので、iPadなどのタブレット型端末の活用をする、などの記載は容易でしょう。

 

 

 

 

 

 

こんな感じでしょうかね。

 

二次試験の単元指導計画の一番難しいところは指定の用紙サイズ1枚に納めろ!というところです。

普通に書くと、1枚どころでは終えられないはずです。なので、どこを削るかがとても重要になってきます。文字が小さすぎてもいけないし、、、word等のソフトを使いなれていない方は調整に相当時間がかかると思います。ここは頑張るしかないです。

 

 

 

 

またダラダラ書いてしまった…!

読みづらくてすみません。

もう一個書いてもいいですかね。

二次試験の面接表と単元指導計画のアレコレ

初任の先生方はそろそろ宿泊研修の時期ですね。

宿泊研修では、指導案を事前に作成、持参し、指導教官とその他初任大勢の前で模擬授業を行いました。

行くまでは、緊張するなあ…やだなあ…とずっと思っていましたが、行ったら本当に3日間全てが楽しくて、ずっとここに居たい!!!なんて思ったのも一年前です。

研修には別の学校で働く同期が集まっているため、悩みが似ていたり、ノリ?が似ていたりして、すぐに打ち解けました。

 

さらにもう一年前は教員採用試験…!

いまだに7月の一次試験のこと、8月の二次試験のこと、覚えています。

本年受験された皆様は、7月の一次試験はどうでしたでしょうか?

筆記試験がボロボロでも、論文で引っかかる可能性がありますので、しっかり二次試験対策をしておくことをオススメします。

 

 

さて、二次試験に関しては過去の本ブログにも記載している通りなんですが、事前準備に関して記述していたか覚えがないので、簡単にご紹介します。

 

写真を見返したら、ありました。

f:id:yuzozozozo:20170801235918j:image

f:id:yuzozozozo:20170731124813j:image

面接表の表裏

f:id:yuzozozozo:20170801235928j:image

単元指導計画

 

こう言ったものを書いて、二次試験当日に提出しました。昨年度もあったようだから、今年度もかな?

 

これを二次試験の個人面接の際に使用しました。

 

 

 

さて、面接表の書き方についてです。

前にもブログで書いているかもしれないけど。

 

 

 

 

ところで皆様は、第一印象についてどう思いますか?

人は見た目が100パーセント…なんて言葉も最近耳にしますが、第一印象は見た目で大体決まってしまいます。

 

それは、履歴書や今回の面接表も同じだと思います。

 

 

そのことを念頭に置いて面接表を書きました。

めちゃくちゃ時間かかりました。

かかったと言うよりは、かけました。

累計5時間くらい?

 

パソコンであらかじめ書く内容を吟味して、

鉛筆で面接表内の枠に、行の横線を書いて、

書く内容(本文)を下書きし、

にじまないペンで本書きし、

インクが本当に乾くか不安だったので1日置いてから消しゴムで消しました。

 

文章の内容量ですが、面接官が見づらくならない程度の文字の大きさで、びっしりと埋め尽くしました。面接官は大抵老眼ですからね。

空欄はレイアウトの調整程度です。行があれば埋め尽くしました。

過去の本ブログにも書いた通り、文字の大きさも調整しました。助詞は小さく、とかね。

 

面接表をぱっと見たときのインパクトがハンパなかったと思います。

 

集団討論の後に個人面接があります。

面接官は同じ3名です。

集団討論が終わって、一旦退出して廊下で待っていたんですが、5〜10分程度だったと思います。

 

5人の受験生相手に1人ずつ丁寧に面接を行わなければならないですし、3名の面接官の間でも打ち合わせをしたり、集団討論の採点に関する意見をまとめたりする時間があるでしょうから、面接表を深く読み込む時間は2分もないんだと思います。

 

個人面接に臨んだ際に、面接官の机上の、私の面接表にはラインマーカーが引かれていました。キーワードだけチェックして、面接しようとしたんでしょう。

あれだけ文章が書いてあれば、それくらいになってしまうんだと思います。

 

正直、面接は緊張はしましたけど、想定を超える難問はなかったと思います。面接表に関しては。

よく教員採用試験の面接は圧迫と言われるんですが、そんなこともなく。個人面接が始まる時点で採用しようとしてくれていたのかもしれませんね。

 

 

 

ちなみにこの面接表、

将来的に所属する学校に送られている様子がありますので、やっぱりちゃんと書きましょうね。。

 

単元指導計画については気が向いたらまた今度。

ぐだぐだでも目標に向かって、楽しく生きよう!